少し前の相模原市緑区T様邸洗面所リフォームの洗面台はTOTOサクアの記事のT様邸で最後の仕上げとして、浴室の折戸を交換するプチリフォームもありました。

プチリフォームというだけあって1日(正確には半日)で工事完了するお手軽さなのに、快適性がぐっと向上するおすすめのリフォームです!

既存の浴室折戸は重いガラス製

平成以前の浴室のドアはガラス製の場合がほとんどです。

T様邸の既存浴室折戸もガラス製で、強化ガラスなのでさらに重い!

既存の浴室折戸は重いガラス製

既存の浴室折戸のお悩み

T様のお悩みは、特にT様のお母様がお風呂にはいるときに重くて開け閉めが大変だということでした。

動作を確認すると、単に重いだけではなく重さでレールが擦れたり削れたりして開閉が困難になっています。

長年使用しているガラス製の浴室折戸は、その重さからガタがきてなおさら開閉が困難になるのを数多くのお客様のお家で見てきました。

重さを解消するご提案

重いガラス製の折戸から、軽い操作がしやすい樹脂パネル製の折戸に交換するご提案をいたしました。

カバー工法という方法なら費用を抑えて交換できます。

カバー工法で交換プチリフォーム

一般のお客様にはまだまだ認知されていないと思いますが、浴室ドアの交換と言ったらカバー工法が一般的です。

カバー工法でなく既存の浴室ドアの枠ごと壊してとりかえると、浴室内のタイルの補修や洗面所のドア枠や壁のクロスの貼り替えなどが必要になってきて費用が多くかかってしまいます。

そのため、リフォームではカバー工法が多く採用されます。 

既存の折戸を撤去

まずは既存の重いガラス製の折戸を撤去します。

既存浴室折戸撤去

奥に見えるのは新しいカバーするドア枠です。

既存枠の不要なアルミ部分をカット

色々な工具を使用して既存枠の不要なでっぱりのアルミ部分をカットしていきます。

2016-11-05-17-28-18

特に下枠部分は段差を限り無く少なくするために重要な作業工程になります!

既存枠に新規の枠をカバー

既存枠に新規のドア枠をカバーした状況です。

既存の枠に新規枠をカバー

前の工程で不要なアルミ部分をしっかりカットできているので、カバーをしても今までとあまり開口寸法が変わっていません。

見た目もカバーしたというわざとらしさがなく自然な感じです。

ここまでくれば、あとはコーキングをして新しい軽い樹脂パネル製の中折ドアを吊り込んで工事完了です。

新規は軽い樹脂パネル製の中折ドア

カバー工法で軽い樹脂パネル製の中折ドアに交換完了です。

新規は軽い樹脂パネル製の中折ドア

中折ドアと言っても、前と同じ折戸のことです。

違和感のない仕上がりになったと思います。

LIXILの中折ドアSF型 

新規の折戸はLIXILの中折ドアSF型です。

新規はLIXILの浴室中折ドアSF型

半透明のすりガラス調の部分が樹脂パネルなために軽量で、操作が楽です。

内付型はカバー工法時に加工が楽なように溝付きになっていて職人さんにも優しい仕様! 

仕上がりの細かな部分

浴室側のタイルとの隙間にはコーキング処理をしています。

浴室側タイル部分はコーキング処理

上枠の一番上は既存枠のアルミ部分になります。

洗面所側の木枠部分のコーキング処理

ドア下枠には斜めの段差緩和部材を取付けて、つまづかないように配慮しました。

ドア下枠には斜めの段差緩和材を取付

ゴム製なので当たっても痛くありません。

おわりに

工事完了時に、T様に仕上がりと動作の確認をしていただきました。

「元から付いていたかのようです」と仕上がりに満足していただき、「今までと比べて軽く動かせます」と操作性の違いに驚かれていました。

お母様もこれで楽にお風呂に入ることができるようになり良かったです!

【参考工事日数・期間】


半日

【参考工事費用・金額】

約6.4万円(製品代・工事代・処分費含む)