いきなりですが、洗濯機排水チャンバーって知っていますか?

マンションでまれに見る洗濯機の横に鎮座するちょっと邪魔っけな細長い四角い箱のやつです。

洗濯機排水チャンバー拡大

「洗濯機用チャンバー」と記載があります。

今回はそんな邪魔っけなチャンバーを洗濯機防水パンに交換する施工事例になります。

洗濯機排水チャンバーとは

洗濯機排水チャンバーとは、長谷工の昔のマンションの洗濯機置き場にある設備装置です。

役割としては、配管の臭気が上がってくるのを防いだり、昔の洗濯機は糸くずを除く性能が今よりもイマイチだったのでチャンバーで糸くずを集めたりして配管の詰まりを防いだりしてくれます。

マンションで置き床などの二重床になっている場合ではなく、コンクリートの床の上に仕上げの床材が張られている場合にこのチャンバーが設置してあることが多いです。

【交換前のチャンバー設置状況】

交換前の洗濯機横のチャンバー設置状況


写真のフローリング調のクッションフロアの下はコンクリートのスラブ床になります。

排水チャンバーの後ろの壁に配管が通っていて排水されています。

配管の高さが床上の位置にあるので、通常の洗濯機防水パンに交換しようとするには、床を部分的にかさ上げの架台を造作するとか対策を考えないといけません!

【施工途中の配管移設状況】

施工途中の床配管移設状況

チャンバーを撤去して、床上の配管を壁から出す位置を元の位置から左に移設しました。

壁の補修とキッチンパネルを貼って、洗濯機パン設置工事に移っていきます。

床上配管タイプの洗濯機防水パン

今回は架台を造作するコストを抑えることができる床上配管タイプの洗濯機防水パンを採用しました。

シナネンの「ベストレイ」というシリーズの防水パンになります。

ベストレイ床上点検タイプ
USB-6464SNW(スノーホワイト)

これでも使用しても既存の配管の高さが上がっていることは現地調査のときに確認していたので、下に高さ調整の板をかませて逆勾配にならない様に気をつけました。

見栄えも考慮して高さ調整の板の断面には、化粧の白い小口テープを貼りました。

【床上配管タイプの防水パンに交換】
 
 ベストレイ床上点検タイプ防水パン設置状況

後ろの壁は当初予定はしていなかったのですが、予定よりも配管移設工事が大変で壁を大きく開口することになったので、急遽キッチンパネルを貼りました。

おかげでより綺麗に仕上がりました!

おわりに

洗濯機を戻して工事終了です。

【排水チャンバーから防水パンに交換完了】

排水チャンバーから防水パンに交換官僚

チャンバーがなくなった分洗濯機の位置が少し右に持ってくることができ、両側に少しスペースができてすっきりしました!

【参考工事日数・期間】


半日

【参考工事費用・金額】

約7.8万円(キッチンパネル貼り・高さ調整・排水管工事含む)